DESIGN STUDIO

修善寺燕舎では
今の地域、未来の地域に何が必要かを問いながら、
デザインの力で魅力あるまちづくり、地域づくりに取り組んでいます。

また、未来への種まき・次世代の人材を育むことを目的に、
デザインを広める活動にも積極的に取り組んでいます。

修善寺燕舎では、 今の地域、未来の地域に何が必要かを問いながら、デザインの力で魅力あるまちづくり、地域づくりに取り組んでいます。

お土産物の開発

地域内には昭和の観光スタイルの名残で、OEMで作られたお土産物がまだまだ多く存在しています。

せっかく旅行に来たなら、その土地ならではのお土産物がほしい人は多いはず。また、ほかの地域に住む人を訪ねるときに、ちょっと気の利いたステキな手土産があったら嬉しいなと思っている地元の人も多いはず。

そんな思いから、「あったらいいな」という気持ちを大切にして、地元の農家さんや地域在住の作家さんと共に、お土産物開発に力を入れて取り組んでいます。

ワンストップのデザイン提案

印刷やウェブサイトなど会社や企画のプロモーションを別々に発注してしまうと、どうしても全体のイメージは崩れてしまいがち。燕舎ではグラフィック・ロゴ・ウェブ・パンフレット・名刺など、ワンストップでサポートすることで統一されたイメージづくりを支えています。

主なクライアント:
修善寺温泉旅館共同組合 / 伊豆市役所  / 伊豆市産業振興協議会 / 星野リゾート リゾナーレ熱海 / その他 修善寺温泉界隈の事業者・団体など

デザインを広める活動

自分がこれまでの学びで得た、ある種の生きる力としてのデザイン力やライフデザインについて、主に小学生から高校生を対象に、優しい言葉で広める活動をしています。

「唯一絶対の正解がある問い」に慣れてしまい、進路選択やその後の人生で「唯一絶対の正解がない問い」に遭遇した時、その問いつまづいたときに、デザインのこんな考え方、こんな手法って役に立つと思うなといった話を実践例を交えつつお話しています。

2017-08-27